アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
受験勉

近年は何においても多くの場合において勉強が必要であるとされています。
中でも、資格などの試験勉強は将来の糧になるものであるために、勉強をすることは大切なことであるとされています。
その上に資格などを取得するためには一定の能力が必要となっているために、その力を得るための勉強が必要不可欠なものとなっています。
また、勉強をすることによって様々なことを学ぶことが出来る上に世界観などを広げることも出来ると言われています。

勉強ノート

近年は若者の間などで様々な新しい言葉が生み出されています。
しかし、それらの多くは正しい日本語になっていない上に会話などの文章構成も適当なものになっていると言うことがとても多くあります。
そのために、近年では日本語を正しく使うことが出来ているのかと言うことを測る日本語教育能力検定と言うものが行われています。
この試験は多くの人びとが受験している資格の一つであり、日本語の基礎から応用までのレベルを試すことが出来る様になっています。

受験をする
近年は、小学生から高校生などと言う比較的早い段階から、様々な資格などを取得しておくことによって将来に多くの人びとが経験する大学受験や就職そして生活など様々なことに役立つと言われています。
中でも近年は、多くの日本人に欠けていると言われている丁寧でなおかつきれいな日本語を話して書くまたは、それらのことを理解することが出来ているかと言うことを測る日本語教育能力検定と言うものを受験する人がとても多くなっています。

教室

試験が4時間の出題範囲は広く、3つに分割されています。
現場対応能力、問題解決判断能力までを要求される設問まで多岐にわたります。
はじめに、テキストになる導入の本を用意して過去問などを開いてみると、日本語の奥深さと広さにチャレンジ精神を後悔するかもしれないくらいです。
それでも、日本語教師になること、知識の習得への意欲を覚悟したなら、受験までの1年間のスケジュールは1か月ごとに何をどこまでの徹底した目的意識を持つことが大事です。

広範囲の試験対策
まず検定の分析と過去問に取り組んで、おおよその検定内容と言葉を把握し、自分がとりくむ分野の勉強量の把握をします。
翌月からは過去問に加えて、日本語の文法、語彙、表記、聴解問題への対応、言語学、異文化コミュニケーションなどにも視野を広げ、どんどん知識を広げ深めてゆきます。
日本語史、日本語の歴史などの教養分野も手を広げ、記述問題対策など、問題集とノートで繰り返し、知識を広げ、受験対策をコツコツ行います。
勉強期間中、日本語ボランティアなどの参加も勉強になります。